忍者ブログ
 All Japan Soudo Federation
<< | 2019 年09 月 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 | >>
[14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [4]  [5
Updated   
2019.09.23 (Mon)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Updated   
2015.04.01 (Wed)
試合は、本連盟が定めた試合・審判規則に基づき有効打突 ※を競うものです。

試合場の床は板張りを原則とし、境界線を含み、一辺を9mないし11mの正方形または長方形とします。

試合時間の基準は5分です。勝敗は3本勝負を原則とし、試合時間内に有効打突を2本先取したものが勝ちですが、一方が1本をとりそのままで試合時間が終了したときは、この者を勝ちとします。試合時間内に勝敗が決しない場合は延長戦を行い、先に1本取った者を勝ちとします。また、判定もしくは抽選により勝敗を決めるあるいは引き分けとすることもできます。

団体試合では「勝者数法」(勝者の数によって団体の勝敗を決し勝者が同数の場合は総本数の多い方を、総本数が同数の場合は代表者戦によって勝敗を決する方法)と「勝ち抜き法」(勝者が続けて試合を行い、団体の勝敗を決する方法)があります。

これらのルールは剣道試合審判規則と共通しています。


※有効打突
充実した気勢、適正な姿勢を持って、木槍の打突部(刃部)で打突部位を刃筋正しく打突し、残心あるものをいいます。
               †槍道試合審判規則
PR
プロフィール
HN:
全日本槍道連盟
性別:
非公開
カテゴリー
最新記事
P R